RELEASE

リリース

小学生から高校生までのプログラミング・ICTスキルを競う全国大会
「子どもみらいグランプリ2019」開催レポート

プレゼンテーション部門では全国9会場予選での上位者が発表!
ロボットプログラミング部門入賞作品の体験コーナーも盛況

日時:2019年7月15日(月・祝)名古屋市 ナディアパークにて開催


子どもみらいグランプリ01株式会社グローバルキャスト(所在地:愛知県名古屋市中村区、代表取締役 川口 英幸)は、2019年7月15日(月・祝)、自社の教育事業ブランド「G-VaLEd」において、小学生から高校生までを対象としたプログラミング・ICTスキルを競う全国大会「子どもみらいグランプリ2019」を愛知県名古屋市ナディアパーク(デザインホール)にて開催いたしました。
当日は、全国9会場で実施した地区大会の上位者が競う「プレゼンテーション部門」(小学生の部、中学生の部、高校生の部)や、全国の上位80名がパソコンのキーボードの打数を競う「入力部門」、パソコンで創作したイラスト作品の発表を行う「イラスト部門」が開催され、合わせて150人以上の子どもたちが集まりました。また、作品を一般公募していた「プログラミング部門」、「ロボットプラグラミング部門」「CG-ARTS部門」の表彰も行われました。
プレゼンテーション部門・小学生の部では、子どもたちが、茶道やバレーボールなどの普段取り組んでいる習い事や、学校での友人関係などについて、身振り手振りをまじえながら元気よく発表しました。それぞれの発表内容に合わせた衣装を着たり、グラフやアニメーションを使った資料を作成するなどの工夫をこらした発表に、会場からは拍手が起きていました。プレゼンテーション部門・中学生の部、高校生の部では、「相互コミュニケーションや伝達手段について」や、「ユニバーサルデザインについて」など、「伝える」という大会テーマに沿ってそれぞれが考えた発表が多く見られました。入力部門では、指定された文字を、時間内にどれだけ入力できるかを競いました。競技中は、静まり返った会場内に、キーボードを入力する音だけが響いており、子どもたちの集中力が伺えました。
表彰式では、入賞者の名前と所属している教室名が会場の大スクリーンに映し出され、名前を呼ばれた子どもたちは笑顔でステージに登壇していました。入賞者の数が最も多い「最優秀教室賞」は、福島県の八山田教室が受賞し、指導にあたっている渡邉先生と、教室に通う子どもたちが一緒にステージに登壇しました。渡邉先生は、「『子どもみらいグランプリ』には、自分自身も小さいころから参加しており、教える立場になった今でも様々なことを経験させてもらっている。この大会では、勝ち負けだけではなく、個性を磨き合うようなたくさんのドラマが生まれます」と語りました。また、会場内には、全国から公募した「プログラミング部門」「ロボットプラグラミング部門」 「CG-ARTS部門」の入賞作品の展示・体験ブースが設置され、大会に参加した親子でにぎわいました。同じくグローバルキャストが運営するドローンオンライン学習サイト「プロペララボ」のドローンプログラミング体験のコーナーも設置されており、子どもたちは試行錯誤しながらドローンの操縦に熱中していました。

大会サイト:https://www.aviva-kids.com/mirai-grandprix2019/

■当日の様子

子どもみらいグランプリ大会当日の様子

■グローバルキャストの教育事業『 G-VaLEd (ジー・バレット)』について
グローバルキャストが運営に携わる各種教育サービス(アビバキッズ、アビバアットホーム、G-TELP、MyET)は統合事業ブランド「G-VaLEd(ジー・バレッド)」を通じ展開しております。G-VaLEdとは、関わる人たちの人生がより豊かになる事を目指して、将来の夢の実現と個人の成長のために必要な教育サービスを創造します。

【本リリースに関するお問い合せ先】
子どもみらいグランプリ運営委員 担当:可児
TEL:052-265-9282

【関連リンク】
≫ リリース文章全文(別ウィンドウ:PDF)



感謝人 愛知の社長tv success_tv
プライバシーマーク isms認証マーク パラリンアート

株式会社グローバルキャストはパラリンアートに参画しています。

pagetop