RELEASE

リリース

子どもの好奇心を刺激し、論理的思考を育てるための教育

プログラミング・STEM教育情報を発信するメディア「VaLEd.press(バレッドプレス)」本日オープン

サイトURL:https://valed.press

VaLEd.press(バレッドプレス)イメージ 子ども向けパソコン教室の展開や教育カリキュラムの提供などを行う、株式会社グローバルキャスト(所在地:愛知県名古屋市中村区、代表取締役 川口 英幸)は、2018年12月12日(水)より、プログラミング教育やSTEM教育の実情や実際の方法などを紹介し、2020年からはじまるプログラミング教育に不安をもつ親御さんや子どもの論理的思考を育てたいと思っている先生、また実際に学ぶ子どもを対象にしたWebメディア『VaLEd.press(以下「バレッドプレス」)』を開始いたします。
VaLEd.press URL::https://valed.press


パソコンが普及する前から、子どもたちは、好奇心をさまざまなものに向けながら、遊びと学びを通して成長してきました。2020年度からの小学校でのプログラミング教育必修化が発表され、子ども向けプログラミング教育・STEM教育への注目が年々高まっている現代でも、子どもたちの成長の根底にあるのが「好奇心」であることは変わりません。
当社はこれまでも、子ども向けパソコン教室「アビバキッズ」を全国に展開しているほか、プログラミング大会の開催、教育カリキュラムの提供などを行い、子どものプログラミング教育を積極的にサポートしてきました。それに加えて今回、スキルを学ぶだけでなく、好奇心をもってプログラミング教育に取り組むことによって論理的思考や現代を生き抜く力を身に着けてほしいと考え、バレッドプレスを立ち上げました。 バレッドプレスは、「子どもの未来と好奇心を、親とともに応援していく」をコンセプトに、情報を単なるニュースとして紹介するのではなく、どうしてプログラミング的思考が必要なのか、また、子どもにどのように興味をもたせ、サポートするのかなど、具体例を出しながら紹介するWebメディアです。これからプログラミング教育、STEM教育に触れる親子はもちろん、学校の先生や、これからプログラミング教室を開きたいと思っている方まで、役立つ情報を幅広く届けることを目指します。


◆「VaLEd.press(バレッドプレス)」について
特長
単にパソコン教育やプログラミング学習、STEM教育について紹介するだけでなく、どうしてプログラミング的思考が必要なのか、また、どのように興味をもたせたらいいのか、子どもをどのようにサポートすればよいかなど、具体例を出しながら、その方法についても紹介することをコンセプトとしています。 これからプログラミング教育・STEM教育を学ぶ子どもをもつ親御さんにはもちろん、実際に学ぶお子さんやそれに関わっていかなくてはいけない先生、そしてこれからプログラミング教室を開きたいと思っている方にも、役立つ情報を届けることができるWebメディアを目指します。

編集部のご紹介
藤井創・編集長
元月刊I/O編集長。創ラボ代表。テクノロジーを追い掛けていた時代に、「最新技術」「デジタルアート」「VR」「AR」などに興味をもち、さらにその先にある「体験の伝播」に注目。それを「紙面」で伝えることに限界を感じ、現在は「紙」や「Web」にとらわれない新しいジャーナリズムを模索中。
山本釈弘・編集人
アニメを使った大人向けタイピングトレーニングソフト「北斗の拳?激打?」のトレーニングメソッドの開発?プロデュースや、ドイツのウイルス対策ソフト「G Data」の日本法人社長を務めた経験を持つ。今まで数多くのソフトウェアをプロデュース・受賞経験をもつ。JagProject,LLC 代表。
https://www.jagproject.com/

【本リリースに関するお問い合せ先】
株式会社グローバルキャスト VaLEd.press編集部 藤井、山本
・内容および記事に関するお問い合わせ: valed-news@g-valed.jp
・広告に関するお問い合わせ: valed-ad@g-valed.jp

【関連リンク】
≫ リリース文章全文(別ウィンドウ:PDF)


感謝人 愛知の社長tv success_tv
プライバシーマーク isms認証マーク パラリンアート

株式会社グローバルキャストはパラリンアートに参画しています。

pagetop