GREETING OFFICER

取締役からのご挨拶

LANG:JP

» ENGLISHenglish

専務取締役 森本 達也

社名に恥じぬ世界的企業に

私は創業前より代表の信念・理念・情熱・男気に惚れ、必ずグローバルキャストを社名に恥じぬ世界的企業にし、孫の代まで続く組織にすると強く心に決めて日々取り組んでおります。
なにぶん堅苦しい挨拶が苦手な為、ここからは普段の言葉でご挨拶させていただきます。

初めまして。グローバルキャストの元気印です^^
「よっしゃぁ!今日も笑顔全開やったりましょう!」っといった感じでいつも笑いながら楽しく仕事してます。
代表の男気に惚れ!最高の仲間たちと出会い!最高の組織にする為に日々、限界超越で成長中です。

弊社の代表は本当に人との縁を大事にします!
仲間の夢を叶えるのが夢っていうぐらい、仲間を大事にします。
全員で絶対条件の「幸せになる」為に、朝も早くから夜遅くまで幸せ創りに飛び回ってますよ!
そんな代表や出会った仲間達とこの経済戦国時代を生き抜く為!
地べた這いずり回って孫の代まで続く組織を創る為にただひたすらに邁進して、日々つき進んでいます! 僕自身は全く学も無く、どん底の状態の時に代表と出会いました。
ただひたすらに代表の背中を真っ直ぐに見て、追いかけている次第です!
誰よりも知識も何も無いので、日々全力です!
代表が僕にしてくれた事、背中で見せてくれている事、熱い代表の思いを皆に伝えるのを、心がけて取り組んでおります。

最高の仲間と共に自分達で創る会社!

この会社は本当に日々感動だらけです!
代表筆頭に全員が真剣にやりきってるからこそ感動できるんだと思います!

感動のある会社!
最高の仲間と共に自分達で創る会社!
やりがいのある会社!

誇れる人生を歩む為に、まだまだ社会人修行中ですが必ず社会貢献できる最強最高の組織にしていくつもりですので、これからもご指導ご鞭撻の程、よろしくお願いいたします。

取締役 西 泰範

苦労を「やり甲斐」に

グローバルキャスト設立から9期目を迎えました。
私を含め最初から完璧な人財など無く、日々邁進し、全従業員と共にモチベーションの維持と実践を積み重ねて参りました。

どのような職種であったとしてもお金を稼ぐということは容易いものではありません。
ただ「夢」を持つことで苦労をただの苦労ではなく、「やり甲斐」に変えるものであると私は考えます。

弊社には各社員がそれぞれに考えた提案をいつでも自由に提出できる環境や社員ひとり、 ひとりの「夢」や「想い」を身近に感じたくコミュニケーションの一つとして「ドリームBOX」を設置しております。
夢を目標に変え、それに向かって一生懸命進む姿は輝いています。
「強く願うことで、その人の行動が変わる」
それが仕事においての苦労を達成感に変えます。

「創造する心」「想いを想像する心」

そういった同じ志を持つ仲間が集まり、そこにはいつも「創造する心」「想いを想像する心」があります。
その心がある限り全力でサポートし続けたいと考えます。

私はグローバルキャストを、ひとりでも多くの人の夢や理想を叶える会社にしていきたいと思います。
ひとり、ひとりの社員が心の底から「やり甲斐」を持てるステージを創り、そしてひとりでも多くの方がチャンスを掴める環境を創り上げることを目指しています。

弊社の理念でもある「周りに良い影響を与えるリーダーでありたい」「心の時代と言われる21世紀を私たちが創りたい」
その理念を実現するべく「超企業」であり続けたいと決意を新たにしております。

取締役 大池 慶近

『振れ幅』を持つ時にチャンスが現れる

はじめまして。取締役を務めさせて頂いております大池でございます。
弊社は代表の理念でもある『人』を軸に置き、営業力・組織力を経営資源に邁進している会社でございます。

近年世界的金融不安により景気は益々悪化する中、我々はこれを一つのチャンスと捉えております。
世界の歴史を振り返ってみると『チャンス』とは世の中の情勢や景気が大きな『振れ幅』を持つ時に現れます。
情勢・景気が安定している時期は『不変』何も変化がないという事です。

現代の高度情報化社会において世の中は確かに便利になりました。
しかし、物や情報が溢れる中で物や情報が売れない時代になった事も事実です。
そんな中、我々が考える『営業』とは商品の『使用目的』ではなく商品を買う『意味』を提案することだと考えております。
そして弊社の社員一人一人が自身の存在する『意味』を考えられる企業にしていきたいと思います。

実は、私は弊社代表の川口に惚れ、この会社に移籍してきた人間です。
私は社会に出て今まで様々な業界に従事してまいりましたし20代で倒産も経験しております。

人生は『どう解決したか』

しかし、人生は『何が起きたか』ではなく『どう解決したか』で価値が決まると私は考え、失敗を糧に生きてきました。
その結果、グローバルキャストと言う本物の『人』がいる会社に出会う事ができました。
この『出会い』に感謝し、この会社を愛し社員一人一人が生きて行く『意味』を見付けられる企業にして行きたいと考えております。

監査役 蒔田 欣央

自分の人生を満たす事ができているか

昨今の世情を伺うと、「やりたい事をやりながら他人に認めてもらう事」が非常に難しい世の中であると私は思います。自分が入社を希望する企業に志願しても、希望通りに就職できる事は稀です。

また、ひと昔前までは真面目に働いてさえいれば年齢とともに出世し、社会や家族から認められる「年功序列型」の時代でした。
しかしながら、今の時代はいつリストラを宣告されるのかも分からず、定年を迎えるまで勤め続けられるか不安を抱えながら生きている人も少なくないでしょう。

そのせいか、中には本意でないにも関わらず「自分は趣味のために働いてます。趣味が生きがいなんです。」と割り切っている人もいるのではないでしょうか。

私は40歳を迎えてからの5年間、人生は人それぞれであると考えながらも、自分にとって仕事や趣味が「生きがい」と呼べるほどに自分の人生を満たす事ができているか、日々自問自答を繰り返していました。



人生における真の充実感

そんな中、”何かに対して真剣に取り組み、時には我慢し耐え、いくつもの壁を乗り越えた事で得られる達成感”こそが、 自己の欲求を充分に満たす事ができる方法だと考え、人生において最も多くの時間を費やす「仕事」こそが自己実現できる道だと結論付けました。

仕事に「希望」や「人生目標」を結びつけなければ、自身が年老いた時に自分の人生に対し、大げさではありますが絶望感すら味わう事になるのではないかと思ったのです。

つまり、私は「自分はなんのために仕事をするのか?」「仕事を通してどんな人生を過ごすか?」という命題に対し、 本気で自分なりの答えを見つけ出せなければ、仕事にやりがいを感じる事ができず、人生における真の充実感を得る事はできないと考えています。

そういった自己の理念の下、誰しもが本気で仕事を全うする事ができるステージが用意された株式会社グローバルキャストと出会った事は、自分にとって非常に大きな転機となりました。
今、私は我社で生きがいを持って歩んでいます!! 株式会社グローバルキャストという組織において、共に成長して行きたいと思える数多くの仲間たちと出会えた事で、 自身の「希望」「人生目標」が明確になりました。そして今、その実現のため、真っ直ぐに邁進しております。

感謝人 愛知の社長tv success_tv
プライバシーマーク isms認証マーク パラリンアート

株式会社グローバルキャストはパラリンアートに参画しています。

pagetop